上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最終投稿は2007/3/14ですか、実に3年ぶりの投稿になります。
書き始めたのは中学生だったのに、今や大学生。

いままでほったらかしてました。すみません。


なぜ、見つけたかと言うと、2chのHIPHOPレビューブログのまとめに、なんと自分の記事へのリンクが・・・。

さすがに冷汗がでましたよ、ええ。


最近ほとんどCDも買ってません。
ですが、ちょっとがんばってレビューを書いてみたいと思います。


ルールは

1、とりあえず今持ってるCDのレビュー
2、あくまで自己評価、技術的なこととかは全然わからないけど、
3、投げない

など、
レビューレビュー言ってますが、あくまで感想で。

10点とか余裕です!!

では、よろしく!!!!!
スポンサーサイト
2007.03.14 THE SOUND TRACK '96
THE SOUND TRACK '96

1. INTRO
2. MIC MASTA
3. GOTA FLAVOR
4. REAL SHIT Pt.1
5. FUKUROU(YAKANHIKOU)
6. BACK IN THE DAYZ
7. HIP HOP BOOGIE
8. FREE
9. REAL SHIT Pt.2
10. BAD BOY BLUES
11. DRIVE ON THE ROAD
12. MASS VS CORE(94 LIVE TAPE)
13. BLACK MONDAY’96
14. BIG SHOUT OUT
15. BOOM BYE BYE(HIP HOP NEVER DIE 2)
16. REAL SHIT Pt.3
★★★★★★★★☆☆

うん、普通にいい。このころのYOU THE ROCK★は本当に自分のフローに迷いがなかったんだろうな~。やっぱり当時の環境と若さが占めるウェイトは結構大きいと見た。だって今はほとんど色あせちゃってるMCの一人だし。

全16曲ほとんど捨て曲無しで聞ける。熱く力強いフローを単調にせず、色んな手法で表現してくるスタイルには韻を踏んでいくことを必要としていない。そこはちょっと不満こそあるものの、このばらつき加減がシンプルなビートと上手く噛合っているんだろう。
特にTWIGYとの"FREE"はゲストのTWIGYのラップはもちろん素晴らしく、トラックも然り。全体から漂う雰囲気はとても魅力的でやわらかい。
豪華でものすごいメンツのマイクリレー"BLACK MONDAY’96"は一度は聞いた方がいい。でも時間が長く飽きる。なので一度耳にしてくれればそれで十分だと思う。
YOU THE ROCKのよさが一番感じられるのは"MIC MASTER"かな。短いながらも熱い地を滾らせてるのがわかる。"FUKUROU(YAKANHIKOU)"も捨てがたい。こちらはビートに飛び乗っている感じがカッコいい。

「当時のHIPHOPが~」とか「クラシックとして~」とか「リアル」とか置いといても良質な一枚だと言える。
2007.02.23 REMIXのすすめ
いつものレビューからは脱線してしまいますが、今日はフリーソフトの紹介したいと思います。
歌声りっぷって言うんだけど知ってる人いるかな?
これは、なかなかおもしろい!結構やみつきになります。
普通の曲とインストのデーターを比べて差があるところを抽出すればアカペラが取り出せるという頭のよさ。
無論あとから効果音などを付け加えてる場合もありなかなか美味く行かないものもありますが、REMIXを味わうことが結構容易。色んなtrackと色んなrapを混ぜ混ぜしてみてください。

ダウンロードはここから
BOOM!!!!!
1. MINESIN’S COMIN’
2. BOOM!!!!!(BLACK BIRD remix)
3. コブラ77(feat.ARK)
4. U FEEL ME?~キテミナ~(feat.Q)
5. DANCE
6. 逃避行
7. 生中継
8. COOL DADDY(feat.山田マン)
9. BOOM!!!!!(original)
★★★★★☆☆☆☆☆

当時走馬党の新人として活動をはじめていたMINE神-HOLDのファーストアルバム。オシャレでかっちょいいトラックとそれに負けないクールな声でキザにきめる。それは明らかに他の走馬党の面々と違うスタイルで、何も知らずに聞くと面食らう事はマチガイナイ。
ライミングもまだまだ荒削り。それにカッコつけすぎな印象こそあるが、そこそこ聞けるアルバムに仕上がっている。

HOOKにQを起用した"U FEEL ME?~キテミナ~"はQのHOOKがこの局の雰囲気にぴたりとはまっている。MINE神の高速フローもなかなかはまっている。しかしリリックの内容自体はあまり好きになれない。クールさ=ワルという等式はHIPHOPではほぼ確実に当てはまらない。むしろMINE神は"逃避行"のようなリリックでこそ輝くように感じる。
メロウなトラックに乗せるのはラブソング。これが非常にカッコいい空気を放っている。若干の悪さも上手く作用していてMINE神のよさを十分に味わえる。

まだ顔見せアルバムといった感じで,色んな方向性の曲が詰まっているといった感じだがここから自分に一番あった道を選べれば大化けしそうなMCである。
HPをブログだけにしようか考え中です。
ブログだけにするならなんか更新増やして、色々ムーブメントしなきゃいけねぇなぁ…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。