上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
n.m.u

1. STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND
2. D.R.V.
3. ONE DROP
4. HIGHEST FLOOR
5. 毒々(feat.TOKONA-X)
6. 10%無理(feat.MURO)
7. THRILL FLIGHT(feat.odeco de gocci)
8. 地下の帝王
9. DOWN THE LINE
10. たてめえん
11. MIDNIGHT MIC RELAY
12. ナイバビFIVE(feat.KASHI DA HANDSOME)
13. Soap (オーストラリア)
14. 悪戯伝説
15. STILL SHININ'
★★★★★★★★★☆

SKITなし、全15曲としぼったNITROのセカンドフルアルバムはファーストよりもかなり洗練され、HIPHOPをやりにきたという思いが伝わってくる。ファーストの遊び心は自分にはあまりあわなかったが、アングラ感漂う雰囲気とMC一人一人が今のスタイルを完成しつつある状態が、このアルバムをより濃密にしている。8MCが再び全員集結したということはやはり、すごいことなのだ。
全体的にはアメリカを意識したつくりになっているのはお約束だが、アゲアゲな曲はほぼ皆無で静かなパワーを秘めた曲が多い。

8MCが顔見せのように速めのフローを披露していく、タイトル曲の“ STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND”はUPRISINGのボーナストラックであったDJ VIBLAM作のスケートボードにのって風を切って進んでいるようなトラックが爽快感抜群。GORE-TEXのところでトラックが若干変わるところは、彼の復活の狼煙だろうか。この曲が一発目にあることでこのアルバムがぐっと引き締まる。

全員が飛行機のテーマにちゃんと沿ってラップをする“THRILL FLIGHT”はodeco de gocciのふざけたアナウンスと飛行機を連想するにたやすいトラックがプラスされ、地味ながら完成度が高い。こういう曲が好みな自分は気に入っている。テーマに沿っても十分自分を主張できてると思うからフリースタイルっぽい意味不明なラップはやめるべきだと思う。

“たてめえん”→“MIDNIGHT MIC RELAY”→“ナイバビFIVE”の一連の流れはさすが。トラックの個性を崩さない仕上がりで、最初の2曲は徐々に再生時間を短くしつつ勢いをプラスしていって、あがってきたところでストンと落としてくる。リスナーとしてはいい意味で拍子抜けさせられ、KASHI DA HANDSOMEのスマートなフローについつい耳を傾けてしまうのだ。

冒頭のXBSがとにかくいい味を出している“悪戯電話”はアクエリアスAQUARIUSらしい湿気があるトラックがいつもより暗くいい味出している。
その中でDABOのまんまいたずらしているリリックは完全に浮いていて実に面白い。DABOのリリカルセンスのよさが伺える。

ラストを飾るのが、当時のNITROの集大成となる“STILL SHININ'”である。7分という大作ながら正直飽きがこない。最初のファンファーレから最後の一呼吸までが一気に進行していく様は圧巻。自然と耳に入ってきて、脳にチクチクと刺激を送ってくる。それが、快感なのだ。

NITROのアルバムは、はっきり言って聞き込むというよりは、自然体で感じるアルバムである。それがファーストは顕著で、尚且つ斬新だったのだ。
今作はその前作よりも聞き込ませる要素を大目に含んでいる。それゆえに斬新さは失われているがアルバムの完成度は高い。
セカンドの評価が高くて何が悪い。僕はこっちのアルバムのほうが好きだ。
3曲に限り歌詞カードつきなのもうれしい。NIKEの箱もクールだ。
スポンサーサイト
2006.11.06 UPRISING
UPRISING

1. TERMINAL-1
2. WATACK
3. Coming soon
4. DOLLAR BILL
5. テスタ・ロッサ・フェスタ
6. UPRISING
★★★★★★★☆☆☆

前作が圧倒的な人気を誇り、当然期待された次回作。リリース前は様々な情報が行き交ったが、結局リリースされたのは6曲+ボーナストラックのみにアルバムだった。
ラップののっている曲はプロデューサーが様々だから曲ひとつひとつは、ほぼ完全に独立している。そのまとまりのなさが彼らのよさでもあるのだろう。
それぞれがソロ活動や客演での活動を経て成長し、MCとして若干洗練されてきたように思う。特にXBSやBIGZAMといった前作であまり目立っていなかった人たちの底上げがなされているので全体的にまとまりがでてきた。
逆にDABOなどはあまりスキルに変化が見られない。今回はあまり目立っていない。それとは逆にDELIやS-WORDのスタイルの変化は個人的には問題なかったが賛否両論を巻き起こすのは必至だった。
さらにはGORE-TEXの不在。まぁ、これは100%マイナスというわけでもない。正直彼がいなくとも十分成立しているし、いまさらどこに入り込む余地があるというのか。しかし彼がいるならばもうちょっと違うトラックで違うアルバムに仕上がっていたかもしれない。

さて、内容はというと6曲というさびしいボリュームながらもそれぞれがしっかりしてきた分楽しめる曲もある。相変わらず意味不明なリリックはいただけないが、一発目の“WATACK”はDJ WATARAIのカッコよすぎるトラックに力負けしないラップをそれぞれが披露している。BIGZAMが意外といい仕事をしてるのが驚きだ。HOOKも小刻みなマイクリレーなので、テンポがよく聞いてて気持ちがいい。

バイオリンの音が緊迫感と冷たさを引き立てる“DOLLAR BILL”と“テスタ・ロッサ・フェスタ”はにて非なる作品。DOLLAR BILLは中世のヨーロッパ、とある妖怪屋敷が舞台となりそうな曲。DELIの声が非常にマッチしている。
テスタ・ロッサ・フェスタはもっと激しい。イントロからシャウトが入りそのままの勢いでラップに突入していく。やっぱりBIGZAMが一番トラックにあってる気がする。言ってる事も一番わかる。

そして、ラストを飾る“UPRISING”は最高にクールな仕上がり。WATARAIのつくるトラックは本当に外れがない。完全に初期の勢いで突っ走ってる曲だが、後に爽快感だけを残してくれる。S-WORDのスタイルが変わってもHOOK担当としての圧倒的な存在感。それぞれのMCも自分の味を上手く出している。車の運転時などに最適だろう。


まさかこのアルバムを通してBIGZAMが高評価することになるとは思わなかったが、全体的にまだぎこちないフローながら力強いし、そこまでがならないスタイルには好感が持てた。リリックに工夫したり、「一時増す 三等筋増す」や「俺の名前を言ってみれ」など面白リリックも存在していて、確かな成長が見られる。
十分聞けるミニアルバムだ。
NITRO

1. NITRO MICROPHONE UNDERGROUND
2. BAMBU
3. MISCHIEF
4. 3 ON TREE(三銃sh*t)
5. PYRAMID
6. ASAMA 131
7. S.K.I.T.
8. REQUIEM
9. となりのお姉さんが
10. JUS'PLAYIN
11. INFINITY
12. HARDCORE
13. UNSTOPPABLE
14. ピコポコポン
15. クチずさんでごらんよ
16. NICE DREAM
17. ボクも
18. SKIT
19. 45 FINGERS OF DEATH
20. さきっちょだけですけれど
21. LIVE'99
22. T.B.C(Bonus Track)
★★★★★★★★☆☆

もはや語り尽くされたと言ってもいいNITRO MICROPHONE UNDERGROUND(N.M.U)のファーストアルバム。当初はインディーズからの発売であったが、あまりの売れ行きに急遽ボーナストラックつきでDEF JAM JAPANから再リリースされることとなった。
僕はその当時にこのアルバムを聞いたわけでもないし、このアルバムも中古で購入した程度。しかも、先にサードアルバムを聞いてからという順番である。それでも僕が音源の情報を集めることは、広いインターネットでも容易であった。つまり非常に重要な一枚だと言うことだ。
僕もセカンドを含め非常に長く聞いた。世間一般的に絶大な人気を誇っていたから、このアルバムを聞くことはHIPHOPリスナーとして当然だというイメージがあった。しかし、その当時から多少の懸念があった。
現在改めて聞いてみると、それが大きくなっていた。つまりはただ単に言葉を並べているだけの意味不明ラップが非常につまらなく感じている。おまけに歌詞カードもなく、表記する必要もないのかと変に勘ぐってしまうのだ。

別に、このアルバムが嫌いなわけでも、MCたちが嫌いなわけでもない。むしろ、8人という大人数でありながらそれぞれが完全に違うスタイルを確立しているし、SKITの多さもあまり気にならないのはさすがだといえる。彼らの遊び心がもっともプラスに働いているのは“となりのお姉さんが”であり、他の力を抜いた遊び半分の曲は不思議と薄っぺらく感じる。
豪華なトラックメイカーたちも彼らにアングラ感を堕そうと、派手な音を一切排除してビート中心のトラックを手がけ、彼らのフリースタイル的なラップに花を添えている。
結局今このアルバムの楽しみ方は「ラップを含め音を楽しむこと」だと自分の中で結論が出た。声さえも音として変換して耳に流しこんでいくと声の変化が、テンポの変化がなかなか楽しい。そうなると静かなトラックは逆につまらなくなるというジレンマに陥ってしまっている。

とりあえず今の疑問は、ファーストってこんなに面白みのないアルバムだったかなぁ…と言うこと。正直文句なしの★10だったはずなのに、久しぶりに聞いたらその思いも冷めてしまった。昔と今の差し引きで、★8にした。
僕の好みがメッセージ性のあるラップに傾倒してきてるのか…。各MCのソロは別に平気である。
とりあえずオススメなのは“三銃SH*T”と“ASAMA 131”・“LIVE'99”あたりだろうか。
決して悪いアルバムではないということだけは言っておく。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。