上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.10 STAR ILL WARZ
star ill warz

1. BIG BANGZ(feat.DELI,DABO,MACKA-CHIN,GORE-TEX,SUIKEN,BIGZAM,XBS)
2. FIGHT FOR YOUR RIGHT
3. Burst
4. SKIT
5. THA Legend and THA Next(feat.MURO)
6. Devil May Kry(feat.HI-D)
7. SKIT
8. WORLD SUMMIT
9. ILLAND
10. one time(feat.DOUBLE)
11. WRAP MUZIK
12. 果て
★★★★★★★☆☆☆

アルバムのタイトルが『STYLE WARS』をもじったものであることからもわかるとおり、前作とはがらっと空気の変わった作品となった。
前作には暗く、クールなカッコよさが溢れていたが今作は最低限にまで切り詰めてPOPな雰囲気の曲を多めに取り入れた印象。して言えば二枚目のタレントが三枚目の芸も取り入れて自分を高めてるといった感じだろうか。女性アーティストやシンガーとの相性のよさも見せつけた。

NITRO全員集合となった“BIG BANGZ”はMACKA-CHIN作のトラックなだけあり、自身の「適当強盗」のようにイントロが長いつくり。それがこのアルバムのイントロも兼ねており、この先に十分期待できるかっこいいインスト。しかし、肝心のNITROのラップは出し惜しみした割に、迫力不足な感が否めない。ビッグ・バンというイメージはこの曲からは浮かび上がらず、残念だった。

ビースティボーイズの名曲「FIGHT FOR YOUR RIGHT」のカバー“FIGHT FOR YOUR RIGHT”は完全にHIPHOPの域を越えてロックにジャンル分けされるだろうが、別にHIPHOPだけが全てじゃないんだから個人的には全く問題なく聞けた。久しぶりに聞いたバンドの激しい感じが逆に新鮮だった。

3分未満ながら一番彼の曲らしい“Burst”は決して意識しないライミングが適度に鼓膜を刺激してくれ、そこに彼独特の色気あるフローはとりこにさせる力を持っている。決してハデじゃないトラックも間違いなくプラスに働いている。機械的な音もまたいい。

キラキラトラックに“果て”はラストをしめるにはぴったりすぎる曲。ささやくような優しさが含まれているS-WORDのフローは絶品。あの不器用そうな声でこんなラップされたら間違いなくやられてしまう。果てに流れていく様子がリアルに描かれている。

50分にも満たないアルバムながら(ボーナストラック前の無音状態は除く)意外と粒揃いのおもしろい仕上がりになっている。通して聞いても問題ない。しかし、彼の懐の広さは見せ付けたものの、正直拭い去ることの出来ない違和感を感じたことも事実。S-WORDという男に似合うのはこういうスタイルじゃないように思うのだ。純粋にクールさを追ってほしかった気もする。
スポンサーサイト
2006.11.09 One piece
One Piece

1. nightmare
2. カタパルトデッキ
3. Enter The ID □.□.□.□.□.
4. マダマダ-最善を尽くせ-
5. EXTRA NEGOTIATION(feat.XBS)
6. KROSS OVA’「斬」
7. IN THE ZONE
8. ULTIMATE RARE-価値上がれ-(feat.GORE-TEX&MACKA-CHIN)
9. R.P.G.Pt2「BRING DA MUZIK」
10. FOR MINUTES(feat.DELI)
11. eS-BReeSSO
12. THE ANSWER(feat.CHRISTINA MILIAN)
13. 090(Complete Ego Mix)
14. to the Next evo
★★★★★★★★☆☆

S-WORDのソロアルバム第一弾は自分のカッコよさをフルに活かした一枚となった。NITROで活動してる時とフローや声を変え、ライミングにこだわらないスタイルとなったが、そんなもの軽く駆逐できるようなカッコよさがある。
それを助長しているのがイントロやアウトロなどのSKITであろう。最初と最後まで似たような雰囲気で流れていくために必要不可欠なSKITがとてもいい味を出している。

イントロの“nightmare”は風吹き抜ける荒野の向こうから歩を進めるS-WORDのシルエットが浮かび上がってくるような殺風景だけど彼らしいイントロ。一番から4番までは全てMACKA-CHINが手がけている。だから彼がプロデュースしている“カタパルトデッキ”への繋がりは全く違和感無し。
自然に流れていき、S-WORDの「ようこそ」の一言でやられてしまうこと必至。

“Enter The ID □.□.□.□.□.”は独特のゆるさが僕の耳には合わないが、その後の“マダマダ-最善を尽くせ-”は最初ピンとこなかったが、サビとバースで声に大分差があって、特に一番の流れるようなラプには鳥肌が立った。DJ MISSIEによる小刻みなスクラッチもクールさに拍車をかけている。ソロ曲ならではの味とカッコよさがある。

シングルも大分人気がある“KROSS OVA’「斬」”は文句なくカッコいい。インストだけでも十分聞けるDJ WATARAIのトラック。そこにS-WORDのリリックがのっかるとこんなにもクールになる。随所に差し込まれている刀の音も彼ならではの演出で、DJ OASISの【社会の窓】にて、ジッパーを上げる音の次に斬新だと感じた。

クリスティーナミリアンをHOOKに添えた“THE ANSWER”はS-WORDは半ばライミングを放棄しているようだが、綺麗なトラック、綺麗な歌声をここまで見事に汚せる彼には脱帽。下手したら聞くに堪えない曲になっていたかもしれない。しかし見事にまとめあげ、モノにしている。女性シンガーとの相性のよさを文句なく見せつけた形となった。

しかし、それ以上にDELIの【4.M.O.Y】をさらにバージョンアップさせた“FOR MINUTES”は極上の出来。このアルバム最高の曲であることは間違いない。自分の息子に送るかざりっけのない歌詞は相変わらずで、それに全体的な空気のよさがプラスされ、全く文句のない一曲になった。僕はS-WORDバージョンのトラックのほうが好みだ。元はDELIの曲なのに、これはS-WORDの曲に変化を遂げている。

完成度は高く、S-WORDの個性がよくでている一枚。ただ、ゲストのNITRO勢がDELI意外はあまりパッとしない。それにあまり印象に残らない曲も、ちらほらとあることも事実。もう1レベル上の作品になりえた可能性があるだけに実に残念だ。このまま聞いても別に問題はないのだけれど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。