上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.04 SCORE
score

1. BIO
2. DUB
3. 頭振
4. 1.2.PUNCH(ALBUM VERSION)(FEAT.BIGZAM)
5. FIRSTCLASS TRADER
6. ミチ(01 TO 02 MIX)
7. カンバン(ONE)
8. GOSUEENU(SKIT)
9. THE LIGHTS(VACA)
10. 天(ゼンゼンテン)
11. 後(ノチ)
12. APOLO
★★★★★☆☆☆☆☆

プロデューサーを三人に絞ることで、大幅に様変わりしたSUIKENのセカンドアルバム。前作よりもかなり落ち着いた作品。ゲストもBIGZAM一人だけで、40分もないアルバムに自分のHIPHOPを詰め込んだ感じだ。ともあれNITROの時見せた抜群の遊び心を放棄したわけではなく、ある程度肉付けしてあったものにオリジナルなスタイルを刷り込ませた感じ。

カッコつけまくりの一曲目の“BIO”からこのアルバムでやりたいことが大分鮮明に見えてくる。自分というものを誇示しつつも遊び心を忘れないソロならではのスタイルを確立した印象。
続く“DUB”はゆったりしたトラックだけど、ノリがよく、ファンキーさが気持ちいい。「マイク持ったら俺の勝手、止められるのも俺だけ」というラインが印象的で彼にぴったりな言葉。

BIGZAMをゲストに招いた“1.2.PUNCH(ALBUM VERSION)”はあのSUIKENが引き立て役に回っている。このころのBIGZAMのガラガラした声は正直苦手だけど、好き勝手暴れまわるBIGZAMのフローを上手くまとめあげているSUIKENに好感がもてる。

“THE LIGHTS(VACA)”の疾走感は文句無い。指を鳴らしながら体をゆらしたくなるトラックに、飛行機に乗ってる情景というテーマはなかなかの相性。SUIKENと飛行機の相性はよさそうだ。両方飛んでるから。
結局最後は「やりたい放題」で締めるあたりが彼らしい。

最後の“APOLO”は何回聞いても飽きない面白さがある。
DJ TOSHIKI DA HARDBOPの機械的なギコギコしたトラックにSUIKENの跳ねるようなライムが、近未来的な世界を空飛ぶスクーターで駆け回っているような感じだ。短い曲ながらこの先を期待させるには十分。
と、まんま引用したけどそのとおりなのである。このアルバム一番の曲は誰がなんと言おうとこのAPOLOだ。

DJ TOSHIKI DA HARDBOPのトラックが全体的に好印象。SUIKENの曲は正直評価しにくいが、アルバムから溢れてる機械的な無機質な音は、変化自在な彼とは対極な存在であることも確か。それが意外と相性がいいのも面白い。
SUIKENという男、やはりこちらが何を求めているかわかっている。そして、それを微妙にずらしてくるのが憎い。“カンバン(ONE)”のフリースタイルはかなりクール。
スポンサーサイト
SUIKEN Presents Sixteen Starz Orchestra 2001(’75Til Infinity)

1. SPECIALJOINTRO
2. P.C.T.4000(feat.P.H.)
3. N.A.F.O.N(feat.GORE-TEX)
4. E-V-1
5. NEKIUS
6. INFINITY Pt.2(feat.DELI and DJ JIF ROCK)
7. HIGHLIGHT
8. Sui SLANGIN’01
9. THINK ONE
10. SCISSORS
11. P.O.P. NO DIGGIDY
12. KEEP ON
13. 千夜月兎(feat.bird)
14. E-V-2
15. STATION 79.7(feat.JOSEPH CACCHO E~NA)
★★★★★☆☆☆☆☆

大方予測不可能な言葉を自由自在につなぐNITROのsSUIKENのソロファーストアルバム。NITROで見せた自然体のキレのあるフローに比べ、全体的に不良臭さが強くなっているつくりには正直がっかり。ソロでやることに気負いがあったわけでもないと思うが、ゲストの存在感もきわめて希薄となれば、なんとも中途半端。多数のプロデューサーが曲作りに参加しているが、それもあまりプラスにならなかったようだ。

一通り聞いてまず耳につくのはメロディアスなトラックにbirdのコーラスが魅力的な“千夜月兎”だろう。意外にも曲の雰囲気が自然とSUIKENを包み込んでいる。独特の跳ねるようなラップが目立つ形となった。こういう綺麗目なトラックのほうが彼を引き立たせることができるのかもしれない。

それを象徴するように、ボーナストラックに収録されている“ALKMAN (album version)”は彼のよさがつまっている。夕焼けが浮かぶ空をポケットに手を突っ込みながらぶらぶらしてるような情景が自然と浮かんでくる。シャウトロをいれて静かにゆっくり消えていく演出もアルバムのラストをぐっといいものにするとともにこの曲自体のよさもプラスされている。

正直この2曲に追随する曲が他にないのが寂しいが、この2曲は十分に聞く価値がある。やはりSUIKENは自分の雰囲気を持っているので、その世界にずぶずぶと足を踏み入れれば決して抜け出すことの出来ないぬかるみなんだと思う。残念ながら僕は彼の世界観にはまることは出来なかったけど、興味がある人は臆すことなく耳にしてほしい。歌詞カードやジャケットのセンスはオリジナリティの塊だ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。