上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タカツキタツキ

1. I used to be living, living in the trouble like this feat.吾妻光良
2. ユーノーマイネーム? feat.イルリメ
3. あまやどりfeat.CHIWA
4. 針を落とした始まりから
5. ブルーディジー feat.TOTO
6. Be Simple
7. Enjoy!!!!!!!!
8. ロマン侍(Astro MCeez)feat.ロマンクルー+サムライトループス
9. Origin of the Wind
10. ほたる石・くじら岩 feat.扇谷一穂
11. ロスト・アンド・ファウンド
12. 500マイルの未来に咲く花 feat.AMY ANNAPURNA -Bonus Track-
13. Origin of the Wind(ASAYAKE PRODUCTION REMIX)
★★★★★★★★★☆

ウッドベース吟遊詩人ことタカツキのサードアルバムはHIPHOPとウッドベースの張りがある低音の組み合わせが、大人っぽい落ち着いた雰囲気を全体に漂わせている。タカツキ自身の声は非常に耳残りがよく、あまり韻を意識したスタイルではないが、ラップ自体が一曲中の音の一部分としてすんなり耳に入れることができる。
アルバム全体を通してもすんなりと流すことができ、聞いていて非常に気持ちがよくリラックスに最適。

ロマンクルーのエムラスタもフェイバリットしてる"ブルーディジー"はTOTOの優しい声に負けないタカツキが非常にステキ。綺麗な言葉だけで構成されてリリックは全くトゲが無く、ブルーディジーという花を上手く表現している。生の音のふんわりした感じも相性が最高にいい。

そしてそのロマンクルーと、タカツキも所属しているサムライトループスが合体した"ロマン侍"は、このアルバムの真中に収録されている曲で、もちろんこのアルバムの核。
アストロ球団をもじってAstro MCeezというサブタイトルがついているが、誇張というわけではない。
大人数のマイクリレーで進む曲は数あれど、こんな雰囲気のマイクリレー曲はいまだかつて聞いたことが無かった。それだけに受けた衝撃は大きい。
どちらかと言うと地味な雰囲気で、大人数ながらの爆発力には欠けているかもしれない。しかし、奥底に秘められているカッコよさは本当に半端じゃない。繰り返し繰り返し聞いても飽きるどころがさらに聞き込みたくなる魅力を持った名曲。
特に最後を締める“将絢”のバースはそのカッコよすぎる低い声とリリックのセンスのインパクトがすごい。この面子の中なら彼がベストだろう。HOOKでも一人低い声で印象が強い。

90年代の回顧的な曲。“針を落とした始まりから”はHOOKのくだりがGORE-TEXのそれに似ていたり、SUIKENの名前が出てきたり、他にも彼のHIPHOPの姿勢に影響を与えただろうキーワードがいくつか並ぶ。そのキーワード一つ一つがタカツキというものを形成したと思うと非常に感慨深い。

自分のレーベルの公式HPページで自らのアルバムを解説しているが、これが非常に参考になる。このレビューをかくにあたっても参考にさせてもらったが、一曲一曲に深いテーマがあってそれに沿って作っているのがさすが。
いままでにないHIPHOPのかたちなのでちょっとハードなのに飽きてきた人には非常にオススメ。もちろん一般のリスナーもぜひ耳に入れてほしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。