上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.12.08 I SING,I SAY
I SING,I SAY

1. I SING, I SAY
2. サバーバリアン feat. Loop Junktion
3. 踏み上がり feat. BOLT, SKIPP, YOSHI
4. I SING , I SAY (instrumental)
5. サバーバリアン feat. Loop Junktion (instrumental)
6. 踏み上がり feat. BOLT, SKIPP, YOSHI (instrumental)
★★★★★★☆☆☆☆

KICKが休止となりスタートしたソロ活動の口火を切ったシングルは自身のハードコアなスタイルはなりを潜めPOPでキャッチーなトラックをベースとしてKICKの延長にあるような一枚となった。
LITTLEのソロ活動には期待するものがあったが、正直ハードコアで切れ味鋭いラップをしてほしかった。それでもライミングスキルは色あせることなく光っていて、素直に嬉しい。

タイトル曲よりもカップリング曲のレベルが高く、聴き応えがある。
“サバーバリアン”のクールさも捨てがたいが、“踏み上がり”はそれを超える一曲。
当時名前の売れていなかったBOLTやSKIPP、それにYOSHIまでもが参加して、見事なライミング合戦を披露してくれる。DJ ISOの手がけた機械的なピコピコというかポワンポワンしたトラックはそれだけで不思議な世界を作り上げている。そしてYOSHIを除く3MCの声が高めなので相性がよい。決してYOSHIが浮いているわけではなく、固い韻は力強く、ユニークなリリックは今回のメンバーのなかでナンバーワンである。
最後の最後まで韻のオンパレード。ぜひ聞いたほうがいい。

ジャケットのアメリカのおもちゃみたいなデザインは個性的でなかなか楽しいけど、アニメLITTLEの悪そうな顔はこのCDのイメージにあわなすぎる。そして、このステッカーは文句無しに恐い。
全体的な聞きやすさは間違いない。だた、それが若干不満でもあるのだが…。
カップリングの2曲はアルバムに収録してほしかった。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。