上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.02 GOOD MUSIC
GOOD MUSIC

1. OPENING
2. 性コンティニュー
3. パレード
4. MISSION 1
5. 脳内VACATION (album edit)
6. ALL NIGHT LONG
7. 裏表
8. 揺れ
9. MISSION 2
10. 自由TIME (album edit)
11. ナビ
12. LIKE THIS (GOOD!)
13. GOOD MUSIC
14. MISSION 3
15. パンク寸前のFUNK
16. もしも
★★★☆☆☆☆☆☆☆

KICKが活動休止前最後にリリースされた(ベストアルバムは除く)メジャー3枚目のアルバムは、なんともいえない中途半端なアルバムになってしまった。
何年先聞いても「このアルバムカッコいい」って言ってもらえるようなアルバムだとKREVAが言っていたが、とてもじゃないがそんなに長く聞けない。むしろ聞き返すのも苦しく、僕はすぐ飽きてしまった。
しかし、決して彼らが悪いわけではない。リスナーが求める聞きやすさは、正直このMCたちには重荷だったはずだ。攻撃的な曲の相性がいいMCたちにはもはや、自分の個性を立てながらリスナーの期待にこたえなければならない、それでいて怒涛の連続リリースに耐えゆる技が残っていなかったのではないだろうか。
1verse,1HOOKの“MISSION”シリーズも結局から回りに終わってしまった。
その中でも圧倒的に光っている表題曲の“GOOD MUSIC”はギターの音色、というかトラックの広がりが唯一あって、KREVAの最近のループするトラックにしてはよく出来てる。そして、この曲のなかにかれらの思いがつまっている。HOOKの連携などはまだまだKICK健在なのかっ?と期待させられた。この水準の曲を作りつづけていく力は、もう無かったことが残念で仕方がない。
このアルバムがこういうアルバムになることは、先行シングルからも十分予測できた。2曲目“性コンティニュー”は無理やりなパーティチューンで面白みがない。そこからのアゲアゲな感じの曲も、勢い不足だ。初期の曲は、よかった…。と言わざるをおえないだろう。
後半の落ち着いた曲は“自由タイム”、“もしも”などはまだ聞くことができる。
所々でKREVAは現在のスタイルへのチェンジが垣間見えるし、なんとなく一体感が失われているのがこのアルバムの最大の痛手だと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/1-65cf739d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。