上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.10.11 最終兵器
最終兵器

1. 最終兵器
2. UNSTOPPABLE
3. 公開処刑 feat.BOY-KEN
4. トビスギ(Don't Do It)
5. F.F.B. (Album Version)
6. リアルにやる
7. 911 (Original Version)
8. 真実の爆弾
9. 平成維新 feat. 童子-T & UZI
10. マネーの虎
11. 友情
12. ジェネレーションネクスト
13. 夜明け
★★★★★☆☆☆☆☆

前作『空からの力』がHIPHOPを語るには欠かせないらしいクラシックとなったキングギドラはその後ソロ活動などを経て再び集結した。
このアルバムをリリースするにあたって、シングル曲の回収騒動(しかも、2枚も!)disについての話題などリリース前から注目を集めた。
正直なところ、ここまでお騒がせを連発させた割に、このアルバムはたいしたこと無いと思った。全体的に取り上げるテーマが大きすぎて、ラッパーの容量をオーバーしているとしか思えず、薄っぺらい。
“最終兵器”から“F.F.B”までは多種多様なトラックとリリックの面白さで聞き応えがある。
DRAGON ASH・KICKやRIPを真正面からdisった“公開処刑”は内容うんぬんとしてもBOY-KENの大騒ぎ感と内容のギャップがおもしろいし、ドラッグについてストーリー性のあるリリックと、サンプリングの疾走感あるトラックの融合がいい具合の“トビスギ”は各々のバースが『case』と表現されてるとこなど、細かいところまで気が利いている。そして、現在の遊女たちを、利便性からファーストフード・ビッチを皮肉っている“F.F.B”は軽い女の曲に見合うものすごく軽いトラックはキングギドラの曲か疑えるほど。
しかし、後半に行くにつれ、似たり寄ったりの雰囲気を出しているだけで正直聞きにくい。そのなかでUBGとABCの主MCが揃い踏みした“平成維新”はかなりの出来。とにかく緊迫感溢れるトラックはせまり来る何かを感じるし、4MCともスタイルに差があるので聞いていて飽きない。このアルバムの中で一番の出来だ。

歌詞カード曰く「このアルバムは~次の世代のためになにをすべきか、何を伝えていくか、社会はどうあるべきか~」というテーマを主にしているらしい。そして、K DUB曰く「言いてぇ事言うのがHIPHOP」と言うことでこのアルバムは言いたいことを言っているらしい。テーマ自体は大変素晴らしいものだと思うが、しかしどうもウソくさく聞こえてしまうのは僕だけだろうか…。
もはや覇気がなにも感じられないK DUBのぼやきフローに、不良な感じを前面に押し出すZEEBRAの言葉にはもはや説得力が消え去っている。このアルバムで世間一般のジャパニーズHIPHOPのイメージ、そして評価が悪くなったことは間違いないだろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/13-f8a80fea
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。