上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DELTA

1. DELTA EXPRESS Pt.1(feat.MIKRIS)
2. ARE YOU READY FOR D?(feat.DABO)
3. DELTA EXPRESS Pt.3(feat.MIKRIS)
4. DRAMA10
5. パックマンパニック(いただきマフィア)(feat.GORE DRY LOFT,BUTCHER,BOO)
6. DRAMA8
7. トメラレナイ××
8. PASS DA POPCORN(feat.NIPPS,K-B/THE HIMALAYA,MR.Nice G13)
9. DRAMA9
10. ゲンナシ(feat.SUIKEN)
11. DRAMA11
12. YOU TRY 離脱(feat.B.B.for THINK TANK)
13. ヒッチャカ,メッチャカ(feat.JOSEPH CACCIO E´NA)
14. DRAMA12
15. 4.M.O.Y(feat.S-WORD)
★★★★★★★★★☆

NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDの特攻隊長。ハイトーンボイスのDELIによる渾身のフルアルバム。少し前にリリースした口車と大半の曲がかぶっている。その点はかなり不満であるが全体として完成度がかなり高い。
かぶっている曲を並べてみると“ARE YOU READY FOR D?(feat.DABO)”“トメラレナイ××”“PASS DA POPCORN(feat.NIPPS,K-B/THE HIMALAYA,MR.Nice G13) ”“DRAMA9”である。それは口車のレビューで解説するとして、いずれも再収録したくなる気持ちもわかる曲である。

それ意外との曲となると、GORE-TEX,BUTCHER,BOOとの食いしん坊の歌。“パックマンパニック(いただきマフィア)”が、まず耳につくだろう。
KENTVERY CUTという謎のプロデューサーによるコミカルで慌てるトラックに4MCがとても楽しそうにラップしている。個人的にはBUCHERのバースがお気に入りだ。

口車ではあまりパッとしなかった『レッカノゴトク』をJOSEPH CACCIO E´NA(MACKA-CHIN)がまさにヒッチャカメッチャカにした“ヒッチャカ、メッチャカ”は彼による最初の意味不明な演劇が最高にいい。曲自体は変化がないにもかかわらず、全く違う曲に仕上がっている。改めてMACKA-CHINのインパクトの強さを実感できる。

ラストをしめるのにぴったりすぎるS-WORDとの“4.M.O.Y”も外せない。直前のSKITから違和感無く繋がるトラックは、弦楽器による切ない雰囲気をうまく出している。そこに、息子へのメッセージをのっけられるんだからたまらない。切ないトラックなのに、偽りの無い言葉に裏づけされ暖かい曲となった。
DELIのハイトーンとS-WORDのジャリジャリした声とのギャップがいいアクセントになっている。

DELIの存在感がとにかく大きい。その特徴ある声は彼ひとりだと消化不良をおこしそうだが、随所に挟まれるSKITとゲストを多く起用することでアクが取り除かれ、程よく押さえ込まれている。そもそもソロ曲は一曲だけと、かなり豪華。歌詞カードも単調にならず、色んな工夫がされている。そういう細かいところも手がこんでいて実にうれしい。
断然初心者にもオススメできる作品だ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/24-fe324901
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。