上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
口車

1. PASS DA POPCORN(feat.NIPPS,K-B(THE HIMALAYA),Mr.NICE G13)
2. トメラレナイ××
3. DELTA EXPRESS Pt.2(feat.MIKRIS)
4. PLASTIC BOMB
5. クラッ!シャッ!!(feat.BIGZAM,MIKRIS)
6. どうなってんの?
7. DRAMA9
8. レッカノゴトク
9. ARE YOU READY FOR D?(feat.DABO)
10. B.R.
★★★★★★☆☆☆☆

DELIがソロデビューにて最初にリリースしたミニアルバム。
高音フローが特徴的な彼ならではのライミングが見られたりと、NITROそのままの流れの曲が多く、AQUARIUS中心のプロデュース陣もコンビネーションは悪くない。
決して暗いアルバムではないのに、どことなく印象が悪いのはジャケットのせいであろうか。緑はとても怪しい雰囲気をかもし出してるし、なにより中心を飾る人形の不細工なこと!似てるといえば確かに似ているが…。
あたりに散らばっているのはポップコーン。これが、このアルバムの核である。

前ふりが長くなったが、“PASS DA POPCORN”こそが、このアルバム最大の曲。胃もたれするような思いトラックに、それはそれは濃いラップを乗っけていくゲストたち。NIPPSのいかれっぷりにはもはや脱帽であろう。DELIだけバースが最初と最後にあり彼の高音フローを聞くと妙な安心感がある。
この曲の中毒性はものすごく、一度はまったら抜け出せなくなること必至。なんというか、形容しがたい独特の雰囲気をもっていて、そこがたまらないのだ。

DELIのソロ曲である“トメラレナイ××”も優秀作。ファンファーレにのってフローするDELIは非常に気持ちよさそうだ。DJ WATARAIの作るトラックはレベルが高く、NITRO勢との相性のよさは抜群。今回もDELIのよさを余すことなくさらけ出せるトラックを披露している。本当に、このころのDELIはとめられそうにない。

正直曲がかぶっているフルアルバムを買うほうが断然お得だが、このアルバムにしか収録されてない“PLASTIC BOMB”の疾走感も爽快だし、“クラッ!シャ!!”のDELIの陽の部分、ゲストの陰の部分の融合が見られ、次回を期待させられるつくりとなっている。
DELIの高音フローを好きになれるかで、このアルバムの評価はかなり変わってくる。すくなくとも唯一無二のスタイルを一聴してもらいたいと思う。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/28-17eb13bf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。