上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
n.m.u

1. STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND
2. D.R.V.
3. ONE DROP
4. HIGHEST FLOOR
5. 毒々(feat.TOKONA-X)
6. 10%無理(feat.MURO)
7. THRILL FLIGHT(feat.odeco de gocci)
8. 地下の帝王
9. DOWN THE LINE
10. たてめえん
11. MIDNIGHT MIC RELAY
12. ナイバビFIVE(feat.KASHI DA HANDSOME)
13. Soap (オーストラリア)
14. 悪戯伝説
15. STILL SHININ'
★★★★★★★★★☆

SKITなし、全15曲としぼったNITROのセカンドフルアルバムはファーストよりもかなり洗練され、HIPHOPをやりにきたという思いが伝わってくる。ファーストの遊び心は自分にはあまりあわなかったが、アングラ感漂う雰囲気とMC一人一人が今のスタイルを完成しつつある状態が、このアルバムをより濃密にしている。8MCが再び全員集結したということはやはり、すごいことなのだ。
全体的にはアメリカを意識したつくりになっているのはお約束だが、アゲアゲな曲はほぼ皆無で静かなパワーを秘めた曲が多い。

8MCが顔見せのように速めのフローを披露していく、タイトル曲の“ STRAIGHT FROM THE UNDERGROUND”はUPRISINGのボーナストラックであったDJ VIBLAM作のスケートボードにのって風を切って進んでいるようなトラックが爽快感抜群。GORE-TEXのところでトラックが若干変わるところは、彼の復活の狼煙だろうか。この曲が一発目にあることでこのアルバムがぐっと引き締まる。

全員が飛行機のテーマにちゃんと沿ってラップをする“THRILL FLIGHT”はodeco de gocciのふざけたアナウンスと飛行機を連想するにたやすいトラックがプラスされ、地味ながら完成度が高い。こういう曲が好みな自分は気に入っている。テーマに沿っても十分自分を主張できてると思うからフリースタイルっぽい意味不明なラップはやめるべきだと思う。

“たてめえん”→“MIDNIGHT MIC RELAY”→“ナイバビFIVE”の一連の流れはさすが。トラックの個性を崩さない仕上がりで、最初の2曲は徐々に再生時間を短くしつつ勢いをプラスしていって、あがってきたところでストンと落としてくる。リスナーとしてはいい意味で拍子抜けさせられ、KASHI DA HANDSOMEのスマートなフローについつい耳を傾けてしまうのだ。

冒頭のXBSがとにかくいい味を出している“悪戯電話”はアクエリアスAQUARIUSらしい湿気があるトラックがいつもより暗くいい味出している。
その中でDABOのまんまいたずらしているリリックは完全に浮いていて実に面白い。DABOのリリカルセンスのよさが伺える。

ラストを飾るのが、当時のNITROの集大成となる“STILL SHININ'”である。7分という大作ながら正直飽きがこない。最初のファンファーレから最後の一呼吸までが一気に進行していく様は圧巻。自然と耳に入ってきて、脳にチクチクと刺激を送ってくる。それが、快感なのだ。

NITROのアルバムは、はっきり言って聞き込むというよりは、自然体で感じるアルバムである。それがファーストは顕著で、尚且つ斬新だったのだ。
今作はその前作よりも聞き込ませる要素を大目に含んでいる。それゆえに斬新さは失われているがアルバムの完成度は高い。
セカンドの評価が高くて何が悪い。僕はこっちのアルバムのほうが好きだ。
3曲に限り歌詞カードつきなのもうれしい。NIKEの箱もクールだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/36-b1450586
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。