上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.02 CHIN NEAR HERE
CHIN NEAR HERE

1. CHIN COKE
2. あの人この人物語(feat.BUTCHER)
3. PRINCE PRINCE
4. オフロレスポンス
5. 向こうのラヂオ
6. 東京湾中毒(feat.S-WORD)
7. キライナウタ
8. CHACKA PEOPLE
9. LIVE’98
10. 交信(ALBUM VERSION)(feat.TWIGY)
11. 私の方がクイックイッ☆
12. 3人と2人(feat.DELI,BIGZAM,DJ MISSIE,ASIAN STAR)
13. やすらぎの間 AT 西麻布(feat.BUTCHER)
14. NO.253-9981(ALBUM VERSION)(feat.SUIKEN)
15. 時間割
★★★★★☆☆☆☆☆

ポストカードが豪華に6枚もついているMACKA-CHINのセカンドアルバムは当然はがきサイズ(厳密に言えばもう少し大きい)なので、保管に非常に困る一枚となった。立て入れのCDラックには入りません。横にして、少し飛び出させるのが一般的。
内容はというと、前作に比べ非常にゲストが多くなった半面、自分のやりたいことがやり切れてないような印象を受ける。それに、相性がいい人、悪い人がはっきりしてしまうのがMACKA-CHINのトラックなので、ゲストの多用は不安だったが、NITRO周辺の手堅い器用だったので安心した。

とりあえず1~4曲目までは前作の雰囲気を引き継いでいるようだ。
“CHIN COKE”は前作の【コノオトミテハメテケルヒト】のように長いイントロのあと高速ラップが始まる…と思いきや、まさかのインストのみ。僕は、この罠にまんまとはまってしまった。
“PRINCE PRINCE”は前作からの声ネタを上手く使っている。トラックもスクラッチ音が心地いい。最後のほうの「かっこい~~ぞ」って無気力に言ってるのが耳から離れななくなる。3曲目からアウトロみたいな曲になっているあたりも彼らしい。
そして、MACKA-CHINらしさが一番でているのは“オフロレスポンス”である。ライブっぽくしてあるんだけども、どこからしらネジが一本抜けてるようなパフォーマンスを披露する。この曲聞いていると不思議と笑えてくるのだ。

また、このアルバムで取り入れたゲストたちの曲では“東京湾中毒”がいい仕上がりだろうか。というより、どれも今ひとつな気がしてしまい期待していた分肩透かしが大きかったのだ。
その中でBUTCHERが客演している2曲はともに個性的で面白い。MC自体が非常に個性的ということもあるだろうが、いい仕事をしている。

安心していた客演陣があまりパッとしなかったのは正直問題。適当強盗みたいな一発が狙える曲がないだけに、各々のMCの使いどころをもっとしっかりさせた方がよかったと思う。次回作をリリースするならば、客演は多くて三人程度にするべきだろうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/42-de6eb41e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。