上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1. ラッパ我リヤ/KANPAI feat. UZI
2. OZROSAURUS/壱万円
3. DABO/Clap Ya Hands
4. DABO/ここにTOUCH!
5. OJ & ST/狼達の夜明け feat. UZI
6. UZI/開放軍
7. ZEEBRA/男たちの蛮歌 feat. OJ&ST,KM-MARKIT,UZI
8. MC RYU -Interlude-
9. ラッパ我リヤ/Hardcore feat.般若
10. MINESIN-HOLD/U FEEL ME? ~キテミナ~
11. HI-D/Raise The Roof feat. BUTCHER
12. SOUL SCREAM/緑の森
13. 妄走族/まむし -Choice the Game- feat.D.O
14. 妄走族/Project 妄
15. GANXSTA D.X/N.B.G. feat.FRAGRANCE
16. BOY-KEN/Enjoy Yourself
17. BUTCHER/日の丸魂
18. RUFF RHYMERS/STILL SHINING
19. TAKA/You Don't Stop feat.マサカリfrom闇アガリ
20. GOODFELLAS/J.A.M (Jump And Mosh)

(DVD side)
1. TAKA/You Don't Stop feat.マサカリfrom闇アガリ
2. RUFF RHYMERS/STILL SHINING
3. MINESIN-HOLD/U FEEL ME? ~キテミナ~
4. DABO/Clap Ya Hands
5. OJ & ST/狼達の夜明け feat. UZI
6. UZI/開放軍
7. ZEEBRA/男たちの蛮歌 feat. OJ&ST,KM-MARKIT,UZI
8. ラッパ我リヤ/KANPAI feat. UZI
9. SOUL SCREAM/緑の森
10. BOY-KEN/Enjoy Yourself
11. BUTCHER/日の丸魂
12. HI-D/Raise The Roof feat. BUTCHER
13. GANXSTA D.X/N.B.G. feat.FRAGRANCE
14. GOODFELLAS/J.A.M (Jump And Mosh)
★★★★★★★★★★

クラブ CITTA'の15周年とラッパ我リヤの10周年を記念したライブを収めたCDとDVDセットのアルバム。現代版のさんぴんキャンプと言っているのも間違いないくらい多数のMCが参加している。
走馬党リリースでラッパ我リヤもそこに所属している。考えてみれば10年も一線で活躍してるのだ。その間いろいろなことがあったと思うが10周年にここまで豪華なメンバーに祝ってもらえるのは彼の功績が大きかったから、なのは間違いない。
ライブでやった曲全てを収録してるわけではなく、途中でフェードアウトしていく曲もあるが、生の声そのままを収録している魅力が存分に詰まっていて、改めてHIPHOPのカッコよさと勢いを感じることができる。

最も勢いがあったのは妄走族の面々。“Project 妄”は一人欠けているにもかかわらず妄走族のよさを全て出し切った。大人数ながらの爆発力はNITROとはまた違う荒々しさで溢れていて、聞いてるだけで悪い気持ちになりそうだ。
その悪さを前面に出した“まむし -Choice the Game-”はゲストのD.Oの高音域の声がいい感じに鼓膜を刺激する。それにプラスして緊迫感のあるトラック、そして汚れた金の稼ぎ方をラップしていく。風景描写が多く、映画のワンジーンのように情景が脳裏に浮かぶ。

その中でも実力が飛びぬけている般若がラッパ我リヤと組んだ“Hardcore”はトップバッターで登場して、過激なリリックをシャウト織り交ぜながらのラップは迫力満点。ものすごい存在感を示し、メインであるラッパ我リヤさえも食っている。もちろんラッパ我リヤのふたりも熟練の技を出している。ライミングのテクニックはさすがといったところだろう。

UBGに所属している各々のMCたちもそれぞれ実力を発揮しているが、個人的に目立ったのがTAKAの“You Don't Stop”このTAKAという人物を全く知らなかったために、シンプルに脚韻をそろえていくスタイルが、聞き取りやすい声とポジティブなメッセージと混ざって、ここまでいい曲に仕上がっている。スタイルはオードソックスでもトラックや声で全然印象が違うからおもしろいのだ。

ここでしかみられない組み合わせや、ライブ感覚で聞けるつくりに非常に満足できる。そこにDVDまでついているのは非常にありがたい。初期からHIPHOP界を支えてきてるグループから若手までちゃんと顔をそろえているところもグッド。

最初の“KANPAI”から最後の“GOODFELLAS”までじっくり聞いてほしい。
オススメ!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/50-623d4891
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。