上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
B BOY PARK 2001 新たなる道へ・・・

1. Intro(KICK THE CAN CREW)
2. TAG(SPHERE of INFLUENCE Feat.GRAPPLUZ)
3. 『....。』(弘光)
4. B-BOY Boogle(KOOL HERC)
5. KIN DA SHER’ROCK’Free style Track by“Free style 21”(MC BATTLE TRACK 2001)
6. Knucklez Skratch Combo Vol.1(Beat Knuckles)
7. HIBIKI Free style Track by “Free style 21”(MC BATTLE TRACK 2001)
8. BBOY PARK JAM(DJ BEAT)
9. shinpeita Free style Track by “Free style 21”(MC BATTLE TRACK 2001)
10. Space WAX(DJ WHEEL)
11. ICE BAHN Free style Track by “Free style 21”(MC BATTLE TRACK 2001)
12. Dead or Alive(RUFF RHYMERS)
13. TOKYO TRIBE外伝~エクソダス~(ROCK-Tee’s マイメン Remix)(童子-T feat.ZINGI)
14. PLANET BBOY(LUCKY BREAK)
15. FREEZE(DJ BEAT)
16. We Are The Wild(TONY TOUCH Remix)(Gathering Of The All Stars)
★★★☆☆☆☆☆☆☆

ジャパニーズヒップホップの中心的なイベントである【B-BOY PARK】のサウンドトラック2001年度バージョン。しかし、ライブを元にアルバムとして収録された曲であるので非常に中途半端な印象を受ける。
イントロを除く15曲の中にラップの入っていないインストが6曲に、フリースタイルが4曲と実に退屈な仕上がり。フリースタイルは同じトラックなのに、それぞれ全く違うスタイルが楽しめるが、あくまでフリースタイルなので、SKIT的な立場をとるのが精一杯だ。その中でもICE BAHNとKIN DA SHER'ROCK'の二つは一回耳にするべき。固すぎるライミングには舌を巻く。それにしてもこの人選の基準は何なのだろうか…。

このアルバムで中心的に聞いていくことになるのは、2001年テーマソングでもある“TOKYO TRIBE外伝~エクソダス~(ROCK-Tee’s マイメン Remix)”だろう、間違いなく。童子-Tと渋く、ライミングを織り交ぜるスタイルとZINGIのえぐいフローと不良な雰囲気漂うスタイルはいつまでも色あせない。テーマソングとするにはちょっと暗い印象もあるが、安心して聞ける。

対称的に走馬党とFGとUBGと雷などなどをひとつの曲に全員参加させた“
We Are The Wild(TONY TOUCH Remix)(Gathering Of The All Stars)”ははっきり言って期待外れ。というよりも曲として成立してるのがギリギリといったところで、一人一人に与えられた小節が非常に少なく、FGにいたっては一小節のみで、これでいったい何を表現しろというのか。それに、一部のアーティストだけひいきされてるような気がするのだが…。

ともかく、失敗な感じが否めない一枚であることに間違いはない。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/63-da43981e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。