上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.01.12 DYNAMITE
DYNAMITE

1. DYNAMITE JINGLE 1(DJ TATSUTA)
2. Are You Ready(DJ TATSUTA feat.CHANNEL)
3. NITE BIRD(DJ TATSUTA feat.MELLOW YELLOW)
4. 作戦会議チューン(DJ TATSUTA feat.CUEZERO)
5. SUGAMO-B(DJ TATSUTA feat.MCU)
6. Trust Over 30(DJ TATSUTA feat.RHYMESTER)
7. DYNAMITE JINGLE 2(DJ TATSUTA)
8. タッツン・ダワ・ボイツ(DJ TATSUTA feat.アルファ)
9. よ!マッテマシタ!!(DJ TATSUTA feat.KREVA)
10. Interlude(DJ TATSUTA)
11. ゆらゆら(DJ TATSUTA feat.CHANNEL)
12. Have A Nice Day(DJ TATSUTA feat.LITTLE)
13. ハイウェイ オブ マイライフ(DJ TATSUTA feat.CUEZERO)
14. ハイウェイ オブ マイライフ エピローグ(DJ TATSUTA)
15. ちょっとだけ(DJ TATSUTA feat.SONOMI)
16. メルシーテレメカシーアリガトオブリガード(DJ TATSUTA feat.GAKU-MC from EASTEND)
★★★★☆☆☆☆☆☆

DJ TATSUTA初のプロデュースアルバムは、予想通りFGメイン、いうかほぼ全てがFG勢で固められている。もともとFGは全体的に軽い曲が多いクルーではあるけど、MCのスキルは意外と高くて、アルファやKICK THE CAN CREW・RhymesterやMELLOW YELLOWなどが参加していれば、実際なかなかの豪華客演。個人的にも好きなアーティストが多いので注目していた作品であった。けど…このアルバムを一通り聞いたときは、正直がっくりきた。
FGこんなもんじゃないだろ!!と声を大にして叫びたなるほどの薄っぺらさ。そもそもアーティストとトラックの融合はほとんどなく、なんだかとてもバラバラしている。特にRhymesterやMELLOW YELLOW・KREVAなんかは非常に地味で、曲題を見たときFGらしさを出したはじけたラップを連想したためギャップに戸惑ってしまった。

逆にこのアルバム中よかったのがLITTLEの“Have A Nice Day”である。もともと僕がLITTLE好きだっていうのもあるけど、声とライミングにスピード感あるラップは相性抜群で、相変わらずのカッコよさを感じた。特に終盤のライミングスペシャルは一聴の価値あり。トラックも高音域が目立ち、悪くない。
そしてラストの“メルシーテレメカシーアリガトオブリガード”はポジティブで楽しいラップが持ち味のGAKU-MCが期待を裏切らない。ラストを飾るにはインパクトが足りないMCかな?と思ったが、無難に仕事をこなしていてよかった。リリックのストーリー性もなかなかおもしろい。

全体的にPOPよりなのはもはや否めないものだし、ジャケットを含めあまり気に入ることは出来なかった。いっそ、マイクリレーモノばかりのパーティーチューンアルバムにしたほうがよかったのでは?それなら初心者にもオススメできる一枚になったと思う。
あまりにも中途半端というか、微妙な出来。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://satamairanui.blog77.fc2.com/tb.php/77-ff549ef6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。