上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


1. ラッパ我リヤ/KANPAI feat. UZI
2. OZROSAURUS/壱万円
3. DABO/Clap Ya Hands
4. DABO/ここにTOUCH!
5. OJ & ST/狼達の夜明け feat. UZI
6. UZI/開放軍
7. ZEEBRA/男たちの蛮歌 feat. OJ&ST,KM-MARKIT,UZI
8. MC RYU -Interlude-
9. ラッパ我リヤ/Hardcore feat.般若
10. MINESIN-HOLD/U FEEL ME? ~キテミナ~
11. HI-D/Raise The Roof feat. BUTCHER
12. SOUL SCREAM/緑の森
13. 妄走族/まむし -Choice the Game- feat.D.O
14. 妄走族/Project 妄
15. GANXSTA D.X/N.B.G. feat.FRAGRANCE
16. BOY-KEN/Enjoy Yourself
17. BUTCHER/日の丸魂
18. RUFF RHYMERS/STILL SHINING
19. TAKA/You Don't Stop feat.マサカリfrom闇アガリ
20. GOODFELLAS/J.A.M (Jump And Mosh)

(DVD side)
1. TAKA/You Don't Stop feat.マサカリfrom闇アガリ
2. RUFF RHYMERS/STILL SHINING
3. MINESIN-HOLD/U FEEL ME? ~キテミナ~
4. DABO/Clap Ya Hands
5. OJ & ST/狼達の夜明け feat. UZI
6. UZI/開放軍
7. ZEEBRA/男たちの蛮歌 feat. OJ&ST,KM-MARKIT,UZI
8. ラッパ我リヤ/KANPAI feat. UZI
9. SOUL SCREAM/緑の森
10. BOY-KEN/Enjoy Yourself
11. BUTCHER/日の丸魂
12. HI-D/Raise The Roof feat. BUTCHER
13. GANXSTA D.X/N.B.G. feat.FRAGRANCE
14. GOODFELLAS/J.A.M (Jump And Mosh)
★★★★★★★★★★

クラブ CITTA'の15周年とラッパ我リヤの10周年を記念したライブを収めたCDとDVDセットのアルバム。現代版のさんぴんキャンプと言っているのも間違いないくらい多数のMCが参加している。
走馬党リリースでラッパ我リヤもそこに所属している。考えてみれば10年も一線で活躍してるのだ。その間いろいろなことがあったと思うが10周年にここまで豪華なメンバーに祝ってもらえるのは彼の功績が大きかったから、なのは間違いない。
ライブでやった曲全てを収録してるわけではなく、途中でフェードアウトしていく曲もあるが、生の声そのままを収録している魅力が存分に詰まっていて、改めてHIPHOPのカッコよさと勢いを感じることができる。

最も勢いがあったのは妄走族の面々。“Project 妄”は一人欠けているにもかかわらず妄走族のよさを全て出し切った。大人数ながらの爆発力はNITROとはまた違う荒々しさで溢れていて、聞いてるだけで悪い気持ちになりそうだ。
その悪さを前面に出した“まむし -Choice the Game-”はゲストのD.Oの高音域の声がいい感じに鼓膜を刺激する。それにプラスして緊迫感のあるトラック、そして汚れた金の稼ぎ方をラップしていく。風景描写が多く、映画のワンジーンのように情景が脳裏に浮かぶ。

その中でも実力が飛びぬけている般若がラッパ我リヤと組んだ“Hardcore”はトップバッターで登場して、過激なリリックをシャウト織り交ぜながらのラップは迫力満点。ものすごい存在感を示し、メインであるラッパ我リヤさえも食っている。もちろんラッパ我リヤのふたりも熟練の技を出している。ライミングのテクニックはさすがといったところだろう。

UBGに所属している各々のMCたちもそれぞれ実力を発揮しているが、個人的に目立ったのがTAKAの“You Don't Stop”このTAKAという人物を全く知らなかったために、シンプルに脚韻をそろえていくスタイルが、聞き取りやすい声とポジティブなメッセージと混ざって、ここまでいい曲に仕上がっている。スタイルはオードソックスでもトラックや声で全然印象が違うからおもしろいのだ。

ここでしかみられない組み合わせや、ライブ感覚で聞けるつくりに非常に満足できる。そこにDVDまでついているのは非常にありがたい。初期からHIPHOP界を支えてきてるグループから若手までちゃんと顔をそろえているところもグッド。

最初の“KANPAI”から最後の“GOODFELLAS”までじっくり聞いてほしい。
オススメ!

チカチカマル秘大作戦

1. シャボン玉(DELI,MIKRIS,MACKA-CHIN feat.Tina)
2. ジキルとハイド(YAKKO for AQUARIUS)
3. 刺激先生(MIKRIS,MACKA-CHIN,DELI)
4. ティリティリ(DELI,MACKA-CHIN feat.YAZ DA P.D.and JOSEPH CACCIO E[´] NA)
5. Dr.31(MIKRIS)
6. 安楽死(DELI,MIKRIS,MACKA-CHIN feat.GOCCI)
7. 婦長の現場(JOSEPH CACCIO E NA)
8. モンキーパニック(MIKRIS)
9. 大事件(THE HOT CONNECTION feat.MIKRIS and MACKA-CHIN)
10. チカチカサーキット(DELI,MACKA-CHIN,MIKRIS feat.KASHI DA HANDSOME and GORE-TEX)
11. ツミツクリ(DELI,MIKRIS feat.よっちゃん and ChiefLOW and YOHEY)
12. ティンティーリ(チカチカ病院 feat.MACKA-CHIN and DELI)
★★★★★★★★★☆

DELI率いるチカチカプロダクションのコンピレーションアルバム。ジャケットからも感じ取れるように、大人の雰囲気が漂うアルバム構成となっている。ゲストも豊富で、全体的に短い曲が多いが最後までまとまりを崩さずに一気に聞き終わることができる。さらにPVまでついていて、非常にお買い得な一枚。

このアルバムの一発目、Tinaの魅力的な歌声と叙情的なトラックはテーマ通りの“シャボン玉”は最高の出来。シャボン玉を壊さないような繊細なフローをするDELI、MIKRIS、MACHA-CHINには遊び心は全く無い。それゆえの心地よさは文句のつけようが無く、繰り返し繰り返し聞くことが可能である。

その後も一曲一曲がテンポよく繋がっていく。特に終盤にかけての“大事件”→“チカチカサーキット”→“ツミツクリ”→“ティンティーリ”の一連の流れはマイクリレー・マイクリレー・マイクリレーでかなり楽しめる。チカチカサーキットはKASHI DA HANDSOMEのすっきりとしたフローとGORE-TEXの泥臭いフローが対比的。ツミツクリは非常にアップテンポの中でのマイクリレーが聞く耳飽きさせない。最後のティンティーリはそのごたごたした流れをスパッとまとめる哀愁漂う一曲。それぞれが極上の出来だからこその仕上がりである。

MIKRISのソロ曲が2曲もあるのはやや厳しいが、短いから特に気にならない。全体的に短いのは耳残りの薄さにつながりそうだが、そんなことも無い。シャボン玉という絶対的な曲がありながらも他の曲もレベルが高い。



2006.10.20 MAD MAXX
MAD MAXX

1. 一掃(宇頭巻×リアルスタイラ)
2. ANGEL OF DEF(COCOBAT×YOU THE ROCK★)
3. トモシビ(WRENCH×EGG MAN(from SOUL SCREAM)
4. モッコス DA HOUSE(TERIRTORIAL POLIO)(THREE SIDE×ポチョムキン)
5. THE SHOW CASE(THREE THE HARD WAY)(ZEEBRA&UBG FAMILY(OJ&ST.KEMU-MARKIT))
6. MAD MAXX(CHEST HOLE×バックギャモン)
7. Wプレード(ANARCHY×ラッパ我リヤ)
★★★★★★★★☆☆

HIPHOPとハードコアバンドの融合を目的とした今作は、走馬党が主となって勧めるコンピは万人受けするようなアルバムはまずないが、面白い作品が多いので、今作にも十分期待した。
いままでのHIPHOPとはかなり色合いが違うトラックだが、意外にも今回参加したアーティストたちにはあっている印象だ。

COCOBAT×YOU THE ROCK★の“ANGEL OF DEF”は、YOU THE ROCKならなんとなくロックと相性がよくても頷けるが、リリックの大方が英語で彼の熱いフローで一生懸命ラップをしている。サウンドも段々盛り上がっていき、彼を十二分に引き立てている。歌詞カードには『言わずと知れた』到底理解できない解説つき。

ポチョムキンの驚くほど滑らかなフローが堪能できる。THREE SIDEとの“モッコス DA HOUSE(TERIRTORIAL POLIO)”も外せない。正直ここまでスキルの高いMCだとは思っていなかった。しかし、RINOへのdisと思われるリリックもあったりするなかで、ラフながらも丁寧に言葉をつないでいて大変好感が持てる。若干高めな声も曲全体の雰囲気とマッチしている。

トラックがなんであれ、自分の世界観でHIPHOPしてるEGG MANの“トモシビ”も仕上がりが大変よい。前半はスローテンポで流していくんだけど徐々に激しくなっていくサウンド。それに伴い独特の小刻みなライミングも切れ味を増していく。終盤の怒涛の韻踏みにはただ圧巻するばかりである。
息つく暇も与えないぐらいのライムを経て最後に締めくくる一言がもの凄くカッコいい。

7曲というボリュームは薄いものの、捨て曲がなく、一通り楽しく聞ける。相馬党よりもゲストたちの方が明らかに目立っているが、彼らの曲は彼らにしか出来ない魅力が存分につまっている。
HIPHOPが好きな人だけでなく、ハードロックが好きな人たちにも十分オススメできる。スピーカーを存分に振動させてほしい。
それにしてもジャケットや歌詞カードがカッコいい。
2006.10.15 asphalt#02
asphalt#02

1. RENDEZVOUS BLACKSMITH R&B RERUB(CRAIG DAVID FEAT.KNOW ?UESTION)
◎2. APOLO(SUIKEN)
◎3. bounce baby(michico)
◎4. Maririn Cafe(日本語版)(MACKA-CHIN)
5. TROUBLE AGAIN(JOHN FORTE FEAT.TRICKY)
◎6. プロフェッショナル現場アクター(MIGHTY CROWN TRITOP REMIX)(ラッパ我リヤ feat.RHYMESTER)
◎7. TOO LATE(SOULHEAD)
8. GIMI DA MUZIK(T.O.K.FEAT.SHABBA RANKS)
9. THEY’LL NEVER KNOW(MIS-TEEQ FEAT.ASHER D AND HARVEY(COURTESY OF SO SOLID CREW))
◎10. ラップ王子さん(餓鬼レンジャー)
11. RAH RAH(NAUGHTY BY NATURE FEAT.ROTTIN RAZKALS)
◎12. 52年度通信カーリング部同窓会(マイカデリック feat.アルファ)
13. DOUBLE TROUBLE(tasha,guest vocal:DOUBLE)
14. BY MYSELF(YING YANG TWINS FEAT.MR.BALL)
15. KILLA BEEZ(WU-TANG PRODUCTIONS PRESENTS KILLA BEEZ FEAT.BOBBY DIGITAL,U-GOD,INSPECTAH DECK,SUGA BANG BANG)
◎16. Dispatch(m-flo feat.Dev Large,Nipps&Vincent Galluo)
17. PARTY 2 THE END OF TIME(BOUNTY KILLER FEAT.RICHIE STEPHENS&WAYNE MARSHALL)
★★★★★★★☆☆☆

雑多な町並みが放熱する音像をひたすら並るのがコンセプトとし、正直微妙だった前作を、もっと見晴らしをよくしたものが『asphalt#02』だ。集められたアーティストは豪華になり、前作とは比べ物にならないくらいHIPHOP色が濃くなった。

日本ラップの先陣を切るSUIKENの“APOLO”はDJ TOSHIKI DA HARDBOPの機械的なギコギコしたトラックにSUIKENの跳ねるようなライムが、近未来的な世界を空飛ぶスクーターで駆け回っているような感じだ。短い曲ながらこの先を期待させるには十分。

RHYMESTERをゲストに招いて、まさに現場の曲となった“プロフェッショナル現場アクター”は、原曲はいまいちパッとしなかったが、MIGHTY CROWNによるREMIXによって一気に生まれ変わった。各々のヴァースによって、微妙にメロディーに変化がありHOOKのパワーの無さをカバーしている。
どちらかというとRHYMESTERの方がトラックとあっているようだ。

そして、m-flo最大の問題作となったであろう、Dev Large,Nippsをゲストに招いた“Dispatch”も外せない一曲。なぜかLISA不在のまま、常人離れしたリリックをぶちかます2MCに乗せられてVERBALさえもがVincent Galluoと改名し絡んでいく。もちろんゲスト二人の世界に完全に溶け込めるはずも無く、完全に食われてしまっているが、この中毒性はすごい。

基本的にいままでリリースされた曲を集めているだけなので真新しさには欠けるが、十分聞けるコンピとなった。ここまでバリエーション豊富にしたのは前作の帳尻あわせか。
それにしても餓鬼レンジャーの印象が薄い。“ラップ王子さん”のコミカルなトラックは悪くないが、どうもこのアルバムの雰囲気には合わなかったようだ。
2006.10.13 CHANGE THE GAME
CHANGE THE GAME

1. CHANGE THE GAME(DJ OASIS feat.K DUB SHINE,ZEEBRA,童子-T,UZI,JA飛龍,O.J&S.T,KM-MARKIT)
2. セレモニー(DJ YUTAKA feat.HAB I SCREAM&E.G.G.MAN from SOUL SCREAM)
3. もしも息子が出来たなら…(DJ MITSU the Beats feat.KOHEI JAPAN)
4. only one’s song(DJ OASIS feat.WORD SWINGAZ)
5. クーデター(INOVADER feat.走馬党)
6. Change(DJ YAS)
7. テレビジョン(D.O.I.feat.K DUB SHINE)
8. アクション(DJ CELORY feat.キエるマキュウ)
9. TOMORROW NEVER DIES(ROCK-Tee feat.T.A.K the RHHHYME)
10. Hi-Timez(Hi-Timez and JUJU)
11. 未来の宝(BEN THE ACE feat.童子-T and YAMAKOU)
12. OUTRO 感謝(童子-T)
★★★★★★★★☆☆

『幼児・児童虐待防止』をテーマに童子-Tを先頭にヒップホップアーティストが集結したチャリティー・コンピレーションアルバムがこの『CHANGE THE GAME』だ。このアルバムでの収益金の一部は寄付している。
この試みは素晴らしいと思うし、HIPHOP全体としての印象もよくなると思ったし、参加しているアーティストは、なかなか豪華。というか個性派揃いなのにもかかわらず、このアルバム全体は足並みがそろってる気がしない。とにかくコンセプトに見合わない曲が多く、方向性が決まっているのにもかかわらずその方向へ向かっていってない。その点は非常に残念。

一発めの“CHANGE THE GAME”では、もともとキングギドラだったK DUB SHINE率いるABCとZEEBRA率いるUBGのMCたちがマイクリレーを重ねていく。その数、実に10人と大変豪華。ラップにも参加しているDJ OASISの黒いトラックに各MCがテーマに沿ったラップを披露しているが、一番目立つのはやはりUZI。マイクリレーの中でその存在感はひたすらに大きい。
あとはJA飛龍というアーティストをはじめて聞いたが、どうやら自分の耳にはあわないらしい。

そして、KOHEI JAPANの中で最高傑作だろう“もしも息子が出来たなら…”も外せない一曲。KOHEIのありのままに歌う温かみのあるリリックとDJ MITSU the Beatsの暖かいトラックの調和は、日本人ならではの毒っけの全く無い曲となった。
自分の子供に向けたメッセージソング。こういう曲があっさり好きになってしまうのは、恥ずかしいことじゃないはずだ。それほどまでに優しい曲。
この曲はKOHEIにしか作り出せない雰囲気を存分に味わってもらいたい。

ラストをしめてくれるのが童子-TとYAMAKOUの“未来の宝”だが、このアルバムを通して伝えたかったことは、つまりこういうことなんだろう。雑多に多種多様に並べられた楽曲たちを、端的にまとめあげた童子-Tの姿勢がカッコいい。切なげなトラックに中低音の声が静かに響き、その裏には強い意思と悲しさが伝わってくる。「正直、これで全ては変えらんねぇ」という童子-Tの悔しそうな言葉を聞いたか。それでも何かアクションを起こそうとした彼らには拍手を送りたい。

全体の出来は悪くなく、一曲一曲の個性が強いため好き嫌いがはっきりすると思うが、全ての曲が合わないということはないだろう。逆にいえば全ての曲にがっつりはまれるわけではなく、どうしても自分の中で捨て曲が出来てしまう。個人的に“クーデター”“アクション”“Hi-Timez”あたりは素直に聞けるが、“only one's song”や“テレビジョン”は結構苦しい。
それでもこのアルバムのコンセプトが素晴らしいし、極端に悪い曲があるわけではないので、テーマにあってない曲が多い事に目をつぶって星8個とする。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。